ヒーロー画像
不動産経営の実態と収益の最適化の重要性に焦点を当てます。

日本国税庁のデータに基づき、
令和2年の不動産所得平均額は
約540万円
であるものの、
税金や管理費、
ローン返済などの経費
を考慮すると、
オーナー様の手元に残る収益は
思ったより
少ない
ことが多いです。

副業としての不動産投資では、
十分な収益が得られるかもしれませんが、
主な収入源として成功するには、
経費の効率化、資産管理、
税金対策
などの戦略的なアプローチが
求められます。

これらの要素を計画的に実行し、不動産経営の収益を最大化する方法について掘り下げます。

安定した収益術管理会社選びの重要性:LEAFの分割払いサービス

アパート経営における賢明な修繕費積立戦略

不動産経営での利益確保には節約が重要な戦略ですが、修繕の積立費用は節約から除外すべきです。 特に建物が築11〜15年目や21〜25年目になると、外壁塗装などの大規模修繕が必要となり、これには300万円程度の費用がかかることが一般的です。 適切な修繕が行われないと、水漏れや排水管の破損などの重大なトラブルが起きるリスクがあり、建物の資産価値が低下する恐れがあります。 しかし、国土交通省の調査によると、多くのオーナー様が修繕を必要に迫られてからのみ行う傾向にあり、長期的な計画を持たないケースが多いことが指摘されています。 このような状況では、修繕が後手に回り、建物の劣化が進む恐れがあります資金不足がその背景にある場合も考えられます。 したがって、修繕費の積立は節約を考えずに計画的に行うこと、そして不動産経営における財務管理の重要性を理解することが、オーナー様には求められています。

急な支出と赤字経営への対処法

不動産経営においては、計画的な修繕作業、例えば外壁塗装や給水ポンプの交換、エレベーターのメンテナンスなどに対しては、予め準備をすることが可能です。 しかしながら、オーナー様が直面するのは、原状回復費用や急な設備故障による修理など、突発的な支出も含まれます。 これらの予期せぬ出費に対する十分な積立がなければ、修理費用がその月の家賃収入を上回り、赤字に陥るリスクがあります。 「事業には赤字もつきもの」という考えは理解できますが、不動産経営では赤字を軽視することに潜在的な危険があります。 赤字が続くと、資金の流動性が損なわれ、建物の適切な維持管理が困難になる可能性があります。 そのため、オーナー様には、予期せぬ出費に対応できるように、適切な財務計画と積立を心掛けることが、資産価値を維持し、長期的な安定経営を実現するために不可欠です。

融資審査を有利に導く修繕費分割払いの効果

不動産投資が成功し、新たな物件投資を考える際、多くの場合で銀行融資が必要となります。ここで重要なのが、銀行の融資審査における赤字経営の影響です。 銀行は黒字経営の事業に対して融資をしやすい傾向があります。 修繕費用が高額である場合、その月の経営が赤字になることがあります。たとえば、家賃収入が30万円、銀行への返済が20万円、原状回復費用が20万円の場合、何も対策を講じなければ10万円の赤字になります。 しかし、修繕費用を分割払いにすることで、黒字経営を維持することが可能です。このような分割払いは、将来の融資審査においても有利に働き不動産経営の安定化に寄与します。 オーナー様には、修繕費用の分割払いのような賢い財務戦略を活用することで、黒字経営を維持し、さらなる投資機会への道を拓くことをお勧めします。

LEAFの金利0%分割払いサービスと管理会社選びの重要性

不動産経営において、管理会社の選択は極めて重要です。特に修繕費用などの財務面でのサポートは、オーナー様の投資ライフに大きな影響を与えます。 LEAFは、修繕費用を含む各種費用の分割払いに対応しており、「金利0%」の「あるとき払い」オプションを提供しています。このような柔軟な支払い方法は、修繕費用の積立に悩むオーナー様にとって大きなメリットとなり得ます。 オーナー様が現在の管理会社に不満を感じている、あるいはより良い財務管理方法を模索している場合、当社のようなサービスを提供する管理会社への見直しや変更を検討することをお勧めします。 これにより、不動産経営の効率化を図り、長期的な成功につながるかもしれません。詳しくはお問い合わせ下さい。




お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

0120-952-863

営業時間 9:00 - 19:30  (年末年始を除く)

お問い合わせ

pagetop

0120-952-863

営業時間 9:00 - 19:30 (年末年始を除く)

お問い合わせ